社会保険労務士法人FORROU(フォロー) ロゴ

【数字から読み解く】「副業元年」と呼ばれた2018年から4年―個人と企業は今、どう「副業」と向き合っているのか?

投稿日:2023年1月23日

2018年頃より解禁の動きが加速した「副業」。2018年1月には、厚生労働省が作成する「モデル就業規則」(就業規則作成時にお手本とするもの)から、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の一文が削除され、副業解禁・推進の流れに拍車がかかりました。コロナ禍をへて現在、「副業」はどの程度 実施されているのか。副業を行う人の特徴は。企業側の動きはどうかなど、「副業」にまつわる現状を、数字から読み解きます。

副業の実施状況は、直近6年間で「大きな変化なし」

「副業元年」と呼ばれた2018年ですが、実際に副業に取り組む人の数は、どのように変化したのでしょうか。

図①は、リクルートワークス研究所が毎年実施する「全国就業実態パネル調査(以下、「パネル調査」)」より、「Q. 昨年1年間の中で主な仕事以外に収入を伴う労働(副業・兼業 ※株の配当・利息、家賃収入などは除く)をしましたか」という質問に対する回答を、直近6年分抽出したものです。1年間に副業をした人(副業経験あり)の割合は、13%~14%間でわずかに変動があるだけで、大きな変化はありません。

図①

「副業元年」と言われた2018年前後でも、それほど大きな変化は見られませんでした。つまり、「副業」という言葉は注目されたものの、それほど多くの人が「副業」に至ったわけではないというのが実情のようです。

副業経験×年齢・性別ー男性は「U字型」、女性は「横這い」

続いて「13%」という数字を解体してみましょう。図②は、同じく「パネル調査」の2021年調査をもとに、1年間の副業経験の有無を「性別」と「年齢」に分けて抽出したものです。

図②

「副業経験あり」に絞ってグラフ化すると、図③のようになります。

図③は、X軸に年齢、Y軸に「副業経験あり」の割合を設定しました。まず男性に注目をすると、10代にもっとも高い割合(22.6%)を示し、50代に向けて徐々に低下。その後、上昇に転じるという少し形のいびつなU字型を示しています。上下逆にすると、賃金カーブに類似した形になりますね。一方で女性ですが、10代・20代は少し高いものの、30代以降は横這いが続きます。

図③

男女ともに10代が高い値を示していますが、これは「副業」のなかでも、大学生の「バイトのかけもち」を表している数字だと推測できます。20代も男女ともに約17%と、比較的高い数値となっていますが、初任給を補填するために「副業」を行っている、あるいは、本業とは別の知識・経験の獲得を目指して「副業」を行っているものと考えられます。

30代以降は、徐々に仕事やプライベートが多忙となり、「副業」に割ける時間の確保が難しくなってくるのでしょう。副業を実施している人の数は減ります。60代以降で男性の副業率が上昇するのは、本業の定年・再雇用等により、時間に余裕が生まれてくることに起因するのではないでしょうか。

副業経験×雇用形態ー「正社員」は副業経験が少なく「派遣社員」は多い

もう少し深掘ってみましょう。図②はすべての就業形態を含んだ数値でしたが、図④では会社役員やフリーランスなどを除き被雇用者のみに絞って、「雇用形態」別で1年間の副業率を抽出しました。1年間に副業をした人(副業経験あり)の割合は、さらに下がって12.4%。

雇用形態別に見ると、「正社員」の副業率がもっとも低く10.3%。逆にもっとも高い雇用形態が「派遣社員」で18.3%でした。

「嘱託」も比較的高い割合を示していますが、日本では定年後の再雇用者を「嘱託(社員)」と呼ぶ慣例があるため、60代以降の再雇用者の約15%が副業をしていることになります。これは図③で見られた傾向とも一致しますね。

図④


図④をグラフ化すると、次のようになります。

図⑤

副業希望×年齢・性別ー副業希望は、男女差なく「30代」がもっとも高い

ここまでは「副業の実施状況」について見てきましたが、ここからは「副業の意向状況(希望状況)」について見てみましょう。図⑥は、2021年の「パネル調査」より、「Q.今後、主な仕事以外に収入を伴う労働(副業・兼業)をしたいか」という問いに対する回答です。

「はい」と答えた人を「副業意向あり」、「いいえ」と答えた人を「副業意向なし」とし、「性別」「年齢」別で割合を整理しました。

図⑥

グラフにすると図⑦のようになります。

図⑦

「副業意向」に関しては、性別による相違はなく、同じ形状のカーブになっています。年齢別で見た場合、もっとも「副業意向」が高いのは30代で、女性では40%を超えています。次いで、20代・40代と高い傾向です。30代をピークに、副業に対する意欲が低下していく様子がうかがえます。つまり、ミドル層・シニア層は、それほど副業を望んでいるわけではないことが分かります。

副業を希望する理由ー「収入アップ」目的が半数以上、「知識・経験獲得」も24.5%

図⑧は、2021年の「パネル調査」より「副業・兼業をしたいと思う理由」の問いに対する回答です。半数以上を占める61%の人が、「生計を維持するため」と答えています。また、約59.6%の人が「貯蓄や自由に使えるお金を確保するため」と回答。つまり、副業を希望する理由は、圧倒的に「収入アップ」だということです。次いで、24.5%の人が「新しい知識や経験を得るため」、つまり「スキルアップ」を目的に、副業を希望しています。

図⑧

企業側の動向ー副業を容認・推奨する企業は約51%、社外の副業者を受け入れている企業は約48%

視点を変えて、企業側の動向も確認してみます。リクルートの実施している「兼業・副業に関する動向調査(2021年)」によると、従業員の兼業・副業を認める人事制度が「ある」と答えている企業は、50.5%と半数を占めることが確認できます。

副業を容認(推奨)する人事制度を導入した目的は、「従業員のモチベーション向上」「従業員の定着率の向上、継続雇用につながるため」「従業員の収入増につながるため」などが上位にランクインしています。

図⑨


※n=1648/2021年の調査の結果

また、「社外からの兼業・副業人材の受け入れ状況」について、「受け入れている」と答えた企業が47.9%と、こちらも半数近い企業が受け入れているようです。副業人材を受け入れる目的は、「人手不足を解消するため」「社内人材にはない知識やスキルを持った人材を確保するため」などが上位を占めています。

図⑩


※n=1648/2021年の調査の結果

さいごに

「副業」に関連する数字を追ってきましたが、労働者サイドでは、約30%が副業を希望しているものの、実態として1年以内に副業を実施した人の割合は13%程度にとどまることが分かりました。ボトルネックがあるとすれば、「本業との両立の難しさ」や「休日・休息時間の減少への懸念」などがあるのではないでしょうか。あるいは、約半数の企業が依然、副業を認めていないため、「副業がしたくてもできない」という実情があるのかもしれません。

なお、企業が副業を解禁する場合、「知らなかった…」では済ますことのできない、いくつかの落とし穴があります。たとえば、本業・副業ともに被雇用者として働く場合には、両社の労働時間を通算(足し合わせる)し、法定労働時間を超える場合は、割増賃金を支払わなければならないケースも。後々のトラブルを避けるためにも、副業制度を導入する前に、あるいはすでに導入している場合であっても、一度、お近くの社労士などの専門家へ相談することをお勧めします。

※記事内のすべての表・グラフは、記載の出典元のデータをもとに、本メディアにて作成・編集。

【関連リンク】
大副業時代の到来!?「副業・兼業」を容認する企業が押さえておくべきポイントとは?
http://forrou-sr.jp/human_resource/4348/
ライター:林 和歌子
大学卒業後、人材サービス大手で約12年間勤務。主に企業の採用活動に携わる。採用という入口だけではなく、その後の働き方にも領域を広げたいとの思いで独立。現在、採用支援を手がける傍ら、働き方に関するコンテンツなども執筆しています。京都大学文学部卒業(社会学専攻)。2015年、社会保険労務士の資格取得。

関連記事

インフルエンザになったら会社都合の欠勤になる?それとも有給扱い?

【Q&A】インフルエンザになったら会社都合の欠勤になる?それとも「有給」扱い?

毎年、1月から2月にかけてインフルエンザが猛威を振るい、全国的に流行します。インフルエンザになったら、数日間会社を休まなければなりませんが、この場合、会社都合の欠勤となるのか、または有給休暇を使えるの …

パワハラ防止法の施行で、「SOGIハラ(ソジハラ)」対策が企業の義務に――「SOGIハラ」って何?企業の取り組み事例や裁判例とともに紹介

2020年6月、大企業からスタートした「改正労働施策総合推進法」(通称/パワハラ防止法)。これを機に、「ハラスメント」に関する研修を受講したという人も多いのではないでしょうか。今、パワハラのみならず、 …

【令和5年】厚労省雇用助成金について徹底解説

現在においても、まだまだ新型コロナウイルス感染症の社会に及ぼす影響は多大であり、事業活動の縮小などが余儀なくされています。 そのため、有期雇用労働者・短時間労働者・派遣労働者といったいわゆる非正規雇用 …

公金受取口座とは?制度の概要、登録方法、社会保険の給付金受け取りについて解説

デジタル庁が主導で行う取り組み「公金受取口座登録制度」についてご存知でしょうか。 2022年10月からはこの制度を利用して、傷病手当金や出産手当金といった給付金の受け取りが可能となっています。 この記 …

私たちの働き方は、「こう変わる」――2016年リリース、これからの働き方を予言した報告書『働き方の未来2035』を紐解く

新型コロナによる緊急事態宣言により、「会社に行けない」という制約が生まれ、強制的に働き方の見直しが進んだここ数カ月。とくに目立った動きは、「テレワーク化」です。それにともない、「仕事との向き合い方」が …